はじめての法事
名古屋まで、コハさん天さんばぁちゃんと法事に。

私にとっての、おばあちゃんと母の兄弟の供養に行ってきました。
おばあちゃんが亡くなってから葬式以来の法事となりました。

母が4~5歳のときにおじいちゃんが亡くなり、
中学生のときにおばあちゃんがなくなったので、葬式をするのが精一杯で、
法事を全く出来なかったみたい。

私も、おばあちゃんのお墓に行ってみたかったので、こういう機会ができて本当に良かった。

コハさんたちは、全然理解できないので
お墓で巨大バッタを捕まえたりできたことのほうがよい思い出となったようです。

ばぁちゃんは、礼儀、行儀作法には本当に厳しかったそうです。
墓地で暴れまわってた、我が子たちをどう思ったでしょうか?
天国で怒ってるかなぁ?
それとも、ひ孫は別格?ほほえましく見てくれてたでしょうか?

その頃、ひーちゃんは、私に代わって保育所で奉仕作業に頑張ってくれてました。
暑い中、ご苦労さまでした。
[PR]
by kohatokobiyori | 2007-09-02 14:22 | パタバタ毎日
<< お父さんピンチ ベビースターの工場見学 >>