なつかしの母校
昨日は、10年以上まえに卒業した母校に行ってきました。

小中学生の珠算競技大会がありまして、、、
長く続く伝統ある大会らしいのですが、
なんせ予算のない大会。

ありあわせの人員で大会運営をなんとかかんとか
やってたらしいのですが、
おととし選手達を採点待ちで随分待たせる大失態があったらしく、
先生から「なんも謝礼したれへんけど、何とか手伝ってもらえんやろか?
弁当くらいは用意するで。。。」と
去年頼まれてから2回目となります。

謝礼をいただければ、それに越した事はないけれど、
母校って卒業しちゃうと行く機会って、ないですよね?





せっかくの機会だし、

仲良し、5人で売店やら色々ウロウロして楽しみました。
えー、ペットボトルの自販あるでー。うちらのときは、紙パックしかなかったのにー。
とか、
えーーーーエレベーター付いてるーーーー!!
とか。
なんだか、やっぱりとってもなつかしくって、
変な先生の話とか花が咲きました。

そして、学生さんも手伝ってくれてたのですが、
高校1年生ということで倍くらい違うわけでして、、、、。

何を話せばいいんだろ。。。
今時の子と話す自信ない。。。と微妙な距離感がありました。

けど、後ろの席から
「有閑倶楽部楽しみやねー。赤西でるしねー。」と盛り上がってるのが、
聞こえてきて、ついつい、、、おばちゃんは、、、、、

「有閑倶楽部って漫画が原作って知ってる?りぼんに連載されてたんやに。」と
言ってしまいましたぁ。。
「ほんとですかーーーー?」って
めっちゃ、驚いてくれました。
そして、なんだかそこから話すようになって、
最後は、女子高生ちゃんが自宅から持ってきたみかんまで
お裾分けしてくれて、それは楽しい会になりました。

そのあと、喫茶店で7時まで喋り捲ってました。
子供が生まれてから、お店でこんな時間まで友達と過ごしたのは初だったので、
とーーーーっても楽しかった。
[PR]
by kohatokobiyori | 2007-10-14 18:12 | パタバタ毎日
<< 自分用に作りました。 まみちゃんのプレゼント完成 >>