インフルエンザワクチン接種!!
毎年恒例のワクチン接種行ってきました。
今年は、10月の中旬から私もお子様たちも具合がよくなくて、
ずっと、見送ってきました。

ワクチンって、予約制のところあるじゃないですか?
日にちや時間が指定されているところ。。。
私は、苦手です。。
待ち時間が少ないのは助かるけれど、その日に元気かどうかなんて
判らないし。(子供は、なおさら。)
もし、風邪を引いていて打てなくて、また後日を予約してください。なんて耐えられない。。
シーズン到来前に、打ち終われないよ↓

なので、前日に「明日、打ちに行ってもいいですか?」「いいですよ♪」的な病院に
行っています。

とは、言ってもワクチン代って家計に響きます。
子供たちは、二人とも2回づつ打つし。。。
去年は、友達に聞いた1回1500円で打ってくれる病院にドライブがてら
出かけました。
先生も、おじいちゃんだけどとてもいい人で良い病院でしたが、このガソリン高を
考えると、2回分のガソリン代と労働力を考えると、
今年は却下になってしまった。。。。





テンさん、コハさんのかかりつけの病院で、
治験への参加募集があったのです。。。

治験???人体実験???なんとも、恐ろしい発想の母です。。。

実は、毎年行っていたそう。
先生は、開業前ワクチンの研究の仕事をしておられたそうで、
その関係で毎年頼まれるそうです。

なんと、2回とも無料。ワクチン接種前と接種後の計2回の採血と
はがきによるアンケートがネックですが。。
アンケートは、簡単な質問に丸をつけるだけ。

なので、やっぱり子供にとったら、採血が一番ネックだろうなぁ。。。
大人と違って血管細いし。。。。

テンさんは、とっても注射がへっちゃらな人なので、
テンさんだけ申し込みました。
ワクチンは、現行の日本製のものです。
ただ、接種量が若干多いです。ヨーロッパや欧米の量にして調べるそうです。
先生の話によると、欧米&ヨーロッパの子供と比較して日本の子供は、
ワクチンを接種したにもかかわらずインフルエンザの感染率が高いそうで。。。

しかも、ヨーロッパは初回以外は毎年接種は一度らしいのです。
ということで、本当にヨーロッパ基準にすれば、感染率は下がるのか???
を調べるらしいです。

私も、毎年打つのですが実は毎年のようにかかっています。
急速に具合が悪くなって起き上がれないほどの高熱になるので、
おそらくインフルエンザではないか?と。。
なぜ、おそらく??
病院に行く元気がなくて病院で言われたわけではないからです。
でも、ワクチン接種のおかげで自宅安静で乗り切れてます。
きっと打ってなかったら確実に病院送りだろうなぁ。。。

さて、本題。
テンさん、まずはワクチン接種。
嫌そうにしているものの、「あ~~」と一声だしただけで、
涙ひとつ出ません。
さて、採血。ドキドキドキ、、、、、、、、「お母さんは、外で待っててくださいね。」
予想は、してたけどやっぱり採血現場は見せたくないんだなぁ。。。

「もうーーー」
「やーーーーーーー」
「えーーん(泣いてる???)」

やっぱり、治験なんて参加するんじゃなかったかな。。。
いくらタダだからって、余分にしんどい思いさせるなんて。。。。

中からは、「テンくーーん、トーマスだよーーー。」
「アンパンマンさんも、おるよーーーー」と先生と看護婦さんの応援する声。。。

結局、10分弱かかったんでしょうか、、、
テンさんが診察しつから出てきそうです。
涙ちょちょぎれてんだろうか、、、もう一回あるのに、、、どうしよう。。。。

看護婦さんに抱かれてやってきました。
こちらに顔は、見えませんがうなだれてるような。。。。。

「テン頑張ってね。おかえり。」ちょっと、うるうる気味に再開。。。

????    ・・・・・・    ?????

「かあたん!」
ぜんぜん涙でてません。
出ていた形跡もありません。。。
どちらかというと、不満げな顔。
ワクチン接種の人用の小部屋に移動。早速、ドラエモンのビデオを見せてくれ。
と催促。
ちょっと、落ち着いたころ今度はジュース買ってくれと。。。。

ありがたい誤算でした。
テンさんは、本当に注射&病院に強い子のようです。

来月の追加接種もスムーズにいきそうです。
ほっと一安心です。。。
[PR]
by kohatokobiyori | 2007-11-13 00:03 | パタバタ毎日
<< ぷちプレゼント 地域限定キャラ?? >>