終わりよければ全てよし!
今日は、コハさんを少し遠い耳鼻科まで連れてってました。

アレルギー性鼻炎で夜の睡眠も阻害されるほどで、

日常にも不便を生じることになってきて。。。かかりつけの病院ではなく、

ちょっと、遠い病院まで行っているのだけれど、

その病院は、お子様仕様じゃなくて。。。

うちのお子様たちは、、、それはそれは、、、公共の施設に不向きな子たちでありまして、、、。

いつものかかりつけの耳鼻科は子供の喜ぶ番組を流してくれたり、、

絵本や玩具も充実してるし、看護婦さんたちもまるで保母さんたちのように

優しくって。


でも、今日の病院は、、、、大変だった。。。

テンも空気を察してか、いつもより余計にギャーギャーカンシャクを起こしちゃうし、、、。

待合室の人みんなに、迷惑そうな白い目で見られて、、居たたまれずに、、

病院の外で時間を潰すことに。。。。

診察後、会計を待つ束の間の時間でさえ、みんなの態度は氷のように冷たくって。。。

うちの子が騒がしいのは重々分かるけれど、私だって野放しにしてるわけじゃないし。。。

少しは、許してほしい。。。。って私までかなーーーりブルーになって帰ってきました。

帰りに、自宅近所のスーパーで明後日の遠足のお菓子やらおかずやらを

買って会計を済ませていると、、抱っこしてたテンさんが眠りこけていて、、、、。

必死で荷物つめて、カート押して、コハさんにも荷物持ってもらって、

あたふたしていたら、、、

「車まで、荷物持ちますよ。」。。。テン??天の声か??

ふと見ると、同じ園の違う学年のお母さん。確かコハよりも一学年下の子。。

「だ、、、大丈夫です。。。。お子さん、小さいから目を離すと危ないですし、いいですーー。」

と、言うと「お姉ちゃんが見てるからいいわよ。」と。

私が知らなかっただけで、中学生の上のお子さんがいたらしく、

お姉ちゃんが下の子を見てるから、と。

荷物を車まで運んでくれました。

牛乳やら、旦那のビールやら、、、結構な重さの荷物を。。。。

園で見かけるそのママは、ちょっとクールなイメージがあって、

近寄りがたかったのだけれど、

店から車までの10m足らずだけど、荷物を運んでくれた気持ちがとっても嬉しかった。

私も、テンちゃんがもうちょっと大きくなったら、他のママが困ってるときは、

手伝ってあげたいな。

嫌なこともあったけれど、最後にとってもいい気持ちで眠れそうです。
[PR]
by kohatokobiyori | 2008-10-15 22:31 | パタバタ毎日
<< 七五三 カジヒデキ >>